塾に来るお子さんが悩んでいる教科No1は算数・数学。これは不動の地位と言っても過言ではありませんが、年々国語で悩んでいる割合が増えているように感じます。

保護者の方々からも、「ウチの子は本を読まない、だから読解力がなくて困っている」というようなお話を頂くことが度々あります。

では、本を読んでいれば読解力はつくかと言うと、必ずしも・・・なんですよね。

読解力とは、文章を「読んで」「理解して」「解釈する」力のことです。
もちろん読書自体は良いことですし、それを契機に読解力がつく子供もいます。
ただし、本を読んで、「面白かった~」で終わってしまうとそこで止まってしまいます。

では、読んだ後どうすべきか・・・明日以降!!