さて、昨日の続きです。

「ギリギリ届かないくらい」の目標設定が良いのはなぜか。

まず、常に100点を目標にする・・・は気概としてはアリかもしれませんが、
現実的に前回20点の子に100点目指せ!は目標が遠すぎてヤル気を失います。

「ギリギリ達成」はすごーく自信のない子には有効かもしれません。
そうした子には成功体験を積ませることが優先の場合もあります。

ただ、一般的には、目標を達成してしまうと、満足してしまうので、
振り返らなくなるんですよね。

目標に届かないと、「アソコをミスしなければ・・・」てな振り返りを
嫌でもすることになります。
こちらの方が次につながるんですね。だから「ギリギリ届かない」くらいが
丁度良い設定なのです。

「ギリギリ」の匙加減は難しいのですが・・・参考になれば幸いです!