今日から2月、そして中学受験がスタートしました。

人気校はますます倍率が上がっているようで、中学受験率自体も上昇傾向だそうです。

あまりこういったことは書かない方が良いのでしょうが、一つだけ・・・

ここ数年は中学受験に合わせて一週間、下手すれば1か月くらい学校を休ませるご家庭があります。
インフルエンザをもらうから、受験勉強に集中できるから。。。もっともらしい理由はあるようですが・・・
はっきり言って、百害あって一利なしです。止めた方が良いです。

そもそも、休んだ子の合格率は決して高くありません。本音が聞ける教育関係者に是非聞いてみてください。

なおかつ、お子さんの心の成長に悪影響を及ぼす可能性は高い。
よく言われることですが、12歳は「小さな大人」ではありません。
成長過程真っ只中の子供なのです。
そんな存在に対して、人生の選択肢を与える事、色々な興味を持てるよう仕向ける事、励ます事、一緒に喜ぶこと、見守る事。。。
周りの大人が子供にしてあげるべきことはたくさんありますが、「勝手に決めたゴール以外を見せないようにする」なんてありません。
燃え尽きますよ、そんなことしたら・・・

より良い環境で、充実した中学生活を送ってほしい、という親御さん共通の思いをかなえるためにも、「休む」傾向には歯止めがかかってほしいと思います!